カテゴリー: Books

沈黙の春

レイチェル・カーソンの沈黙の春を毎晩少しずつ読んでいます。お酒や食事はその土地で食べるとものすごくお美味しい!…

continue reading

世界遺産の貝塚

この2冊がとても分かりやすく、好奇心をくすぐる内容で最初に読んで良かったのです。北海道のみならず、日本人のルー…

continue reading

スマホ脳は読んだ方がいいかも。

2021年年明けくらいに読んだスマホ脳。インパクトのある表紙にジャケ買い。本を開くとこの新書はそもそもベーシッ…

continue reading

Patagonia

昨年8月に再読した社員をサーフィンに行かせよう。(写真を整理していたら、出てきたので、メモがわりに簡易感想文を…

continue reading

文化を仕事に

心の親友(と勝手に心の中で呼んでおりますが)から、退職時にいただいた本をゆっくり読みました。これまで読んだ本や…

continue reading

買ってしまう。

もたない男と、あるミニマリストの物語と、ぜんぶ捨てれば等々のいわゆる物に限らない断捨離話。結構好きで書店で目に…

continue reading

庭とエスキース

この本も書店で偶然目にしてジャケ買い。予備知識無し、奥山淳志という写真家も恥ずかしながら知りませんでした。(こ…

continue reading

人新世の資本論と新聞の一面

昨年読んだ人新世の資本論。導入の刺激的な文章から始まるこの本はあっという間に読んでしまいました。実際売れている…

continue reading

室蘭、洞爺湖と宮崎

壮瞥町の図書館で見つけた、ブラタモリの18巻。我が家にはテレビがありませんので、実際の番組は見たこと無いのです…

continue reading

ニングル、倉本聰。

会社を辞めて、北海道に移住するということで、同僚がプレゼントしてくれたニングル。かねてより、森林の開拓や、必要…

continue reading

フリーペーパーのクオリティが高く、面白い

色んな情報の発信の仕方がありますが、北海道のフリーペーパーは本当に素晴らしいものが多い。旅行が車主体で、道の駅…

continue reading

空腹

会社の同僚から退社のプレゼントの1つとしていただきました。空腹こそ最高のクスリ最近これを読んで、昼飯を抜いてい…

continue reading