過去の栄光に苦しむ?

先日観たレヴェナントがあまりにも面白かったので、イニャリトゥ(監督)繋がりでバードマンを観ました。
個人的にはブロードウェイもの、演劇業界ものはそんなに好んでは観ないのですが、バードマンは全体的にちょっとした軽さがあって、
オープニングのタイトル(ゴダールを彷彿)から最後まで一気に観ました。脳内の表現も本当に上手くて。
編集が素晴らしいのかな。感想を書きながら、ゴダールの映画が頭にどんどん浮かんできたので、嗜好としては一緒なのかな?

人からどう思われるかということと、やりたいことと、自分がどうありたいか、ということの折り合いは難しいものですね。

自然と歴史と。

坂本龍一のasyncを観てから、サントラだけを先行して聴いてきていたレヴェナントをようやく観ました。

強烈でした。

北海道に引っ越してきて、色々なものを未加工状態で頂いたり、捌いたり、剥いたりするようになってからこの映画を見て良かったな。

自然の風景や動物、気温など、今の自分の暮らしより当然ながら比較にならない過酷なサバイバルを展開するわけですが、
東京にいたころより少〜しだけ身近に感じましたと思います。

映像は全て自然光で撮影したとのこと。すごいですよ本当に。
2時間半、飽きることなく見ることができます。
熊に襲われる、雪崩、馬の中で眠る、驚きのシーンもたくさんです。
そして坂本龍一の音楽も素晴らしいです。

原住民から色々奪ってきた歴史、原住民目線の歴史も踏まえて、再度見そうです。

意志を持って一人で考えて行動。

https://www.elle.com/jp/culture/movie-tv/a38047744/greta-movie-review1021/

グレタひとりぼっちの挑戦という映画が上映開始されているようです。
予告編を見ただけで感動して涙が出ました。
グレタの主張に対し、色々な意見がありますが、僕は共感せずにはいられませんし、一人の若い人間が強い意志を持って行動し、大の大人に口撃されながらも前に進んでいく姿には感動しかありません。

映画館か、配信かわかりませんが、とにかく見たいと思います。