ニングル、倉本聰。

会社を辞めて、北海道に移住するということで、同僚がプレゼントしてくれたニングル。
かねてより、森林の開拓や、必要以上の自然の変更に対しては疑念を抱かずには入れなかったのですが、
この本はニングルを通して、思いを代弁してくれたと思えるような内容でした。
飛行機から眺めた時に見える、ゴルフ場、埋立地、高速道路などなど。
感想がありすぎて、うまく書けませんので、書きません。
是非読んでほしい素晴らしい本でした。

もう一回読もう。

投稿日:
カテゴリー: Books