日々、monochrome,filmphoto

フィルムカメラの消滅までカウントダウンが始まっている感が否めませんが、出来上がった写真を見ると、デジタルと比較して、圧倒的に自分好みです。
ただし、プリントまで含めると、安くはないコストがかかります。
なので、デジカメのように、「その瞬間ではどうでもいいもの」をバシバシ撮ったりりません。
(あとでどうでもいいものがものすごく良かったりする場合も多々ありますが)

そのせいもあってか、フィルム写真は個人的に良い写真に感じるのでしょうか。

この写真はフィルム1本まるまるそのままの順番です。